信号機を信じ込ませる教育は危険。青になったら右左を見て渡りましょう?

 昔、市議会の建設委員会を12年間のうち4ヶ月を除けばずっとやってきた。 そのとき感じたのが、市議は市民の請願には文句をつける人は居なかった。市民の著名の数が怖くてその請願内容に疑問を呈することも無く、ほとんどの請願に市議は賛成していた。  そこに変人の市議が飛び込んできた。 著名の数が多い共産党が組織した請願でも疑問点は問いかけた。  イオンの反対の共産党の請願との熾烈な戦いなどはHARRYの市議生活の後半だが、そこに来るまでは市議が請願に反対することはまれだった。  変人でなければ言えない信号機の設置の問題も疑問があった。 信号機は警察署が設置場所を決定する。  どこにでも信号機はあるがそれでもここにもあそこにもつけてくれという請願は絶えることが無かった。  信号機って実際には交通事故の原因になっている。 昔の警察の安全標語は、「お年よりは動く赤信号」といって運転者に注意を求めていた。  しかし、時代は変わり「そこは横断歩道ではありませんよ」という標語を見るようになった。 運転者が歩行者を脅すような運転をするのはこの国ではよく見られる。  信号が絶対と教えられているから青信号なら眼を瞑って走って人をひき殺しても罪悪感をもたない凶悪な運転者が少なくない。  その点、東南アジアの信号が少ない国では自動車が歩行者が横断することを前提に市街地では運転している。日本人はその市街地での横断を恐れるが、HARRYには日本のドライバーと歩行者の信号に対する妄信こそ恐ろ…

続きを読む